15446円 【納期約7~10日】 MQ9075X BRAUN ブラウン 「マルチクイック9」 ハンドブレンダー 家電 キッチン家電 ミキサー・フードプロセッサー ハンドミキサー ハンドブレンダー,/palometa990784.html,ブラウン,BRAUN,15446円,jpmsa.org,MQ9075X,家電 , キッチン家電 , ミキサー・フードプロセッサー , ハンドミキサー,【納期約7~10日】,「マルチクイック9」 15446円 【納期約7~10日】 MQ9075X BRAUN ブラウン 「マルチクイック9」 ハンドブレンダー 家電 キッチン家電 ミキサー・フードプロセッサー ハンドミキサー 送料無料お手入れ要らず 納期約7~10日 MQ9075X BRAUN ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック9 送料無料お手入れ要らず 納期約7~10日 MQ9075X BRAUN ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック9 ハンドブレンダー,/palometa990784.html,ブラウン,BRAUN,15446円,jpmsa.org,MQ9075X,家電 , キッチン家電 , ミキサー・フードプロセッサー , ハンドミキサー,【納期約7~10日】,「マルチクイック9」

送料無料お手入れ要らず 納期約7~10日 店 MQ9075X BRAUN ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック9

【納期約7~10日】 MQ9075X BRAUN ブラウン 「マルチクイック9」 ハンドブレンダー

15446円

【納期約7~10日】 MQ9075X BRAUN ブラウン 「マルチクイック9」 ハンドブレンダー



[2017年10月発売]
世界初アクティブブレードテクノロジー搭載 ブラウン市場最高のハンドブレンダー

●ブラウンハンドブレンダーの最高峰が遂に日本上陸!!革新的なパワーを追求した世界初アクティブブレードテクノロジー搭載
・アクティブブレードテクノロジーは、シャフトが上下に伸縮することで、固い食材もあっという間に撹拌します。
・従来より撹拌範囲を2.5倍拡大※させることで、食材をより細かく、均一に撹拌しこれまでよりも更に滑らかな仕上がりが可能となりました。(※撹拌試験等においてブラウン社MQ700と比較して2017年4月De’Longhi Braun Household GmbH調べ)

●業界初スマートスピードテクノロジー
・自分の手の感覚でスピードコントロールができる機能です。
・大きいボタンの握り具合によってスピードが変化し、食材に合わせてスピードを自由に変えられます。
・食材のつぶし具合を感じながら、思いのままに繊細な調理が可能です。

●業界最大級500Wパワフルモーターと独自のパワーベルテクノロジープラス
・ハンドブレンダーの命ともいえるモーターは、ブラウンが独自に開発したドイツ品質のハイパワー設計。
・そのパワーを最大限引き出しながら食材を撹拌する独自のベル型シャフトには、新たにミルブレードを搭載し、+16%撹拌範囲を拡大しました。

●こね機能もある、1台7役の最上位モデル
・ブレンダー、フードプロセッサー、こねベラ、泡立て器の機能を搭載。
・アタッチメントのワンタッチ交換で、「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」「きざむ」「スライス」「せん切り」「こねる」の幅広い使い方が可能に。
・1.5Lの大容量と置き型フードプロセッサーに匹敵するパワーでたくさんの食材の下ごしらえがスピーディーに。

【仕様】
本体サイズ(幅×高さ×奥行き): 70×410×70mm
本体重量: 1.0kg(※ブレンダー装着時)
コード長: 1.2m
電圧・周波数: AC100V 50/60Hz
消費電力: 500W
回転数: 12800回
定格時間: ブレンダー60秒、泡立て120秒、フードプロセッサー60秒

【納期約7~10日】 MQ9075X BRAUN ブラウン 「マルチクイック9」 ハンドブレンダー

水の未来は、地球の未来

続きを読む 

Industrial Automation to Industrial Autonomy:操業の自律化の現状とこれからの道のり

続きを読む 

卓越した操業を実現する OpreX 5カテゴリー

OpreX ブランドサイト 

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

研究者と共に

YOKOGAWAのライフイノベーション事業は、コロナウイルス研究者と連携し、新薬やワクチンの早期開発に向けた研究支援を行っています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。

AIへの期待とIA分野での活用

必要なデータを取得して継続的にデータ解析をすることで、お客様の課題を解決する支援をします。


トップ